10年間で整備費93億円 士幌町の公共施設長寿命化計画案

2022年06月17日 16時45分

しほろ温泉大規模改造へ

 士幌町は公共施設等長寿命化計画案をまとめた。計画期間は2022―31年の10年間で、施設整備費の総額は93億円。長寿命化改修で改築費用を削減し、コストの平準化を図る。23年度はしほろ温泉プラザ緑風や特別養護老人ホームほほえみの大規模改造に取り組む。

 建物の健全度や大規模修繕の履歴を踏まえて実施計画を定めた。対象は59施設(95棟)、延べ7万8748m²。このうち65.3%を占める62棟が築30年を経過。旧耐震基準の建物は30.5%で29棟ある。

 21年度を基準年とし、維持更新費用を算出した。長寿命化改修を施すことで、22―61年度の40年間の施設整備費を344億円から268億円に抑える。

 スポーツレクリエーション施設は、老朽化部位の大規模修繕を検討。23年度の大規模改造費として、しほろ温泉プラザ緑風に4億9200万円、緑風荘に1億800万円を試算する。

 学校教育施設では、士幌高校の8棟で耐震化が課題となっている。産振施設普通教室棟など4建物が健全度40点以下のため、優先的に対策を講じる。士幌小は、老朽化した給食共同調理場の長寿命化方針を検討する。

 認定こども園は町内のニーズに見合った規模を検討し、24年度の大規模改造に4620万円を見込んでいる。長寿命化改修は、士幌保育所に1億7166万6000円、士幌幼稚園に1億844万5000円を充てる計画だ。

 このほか、士幌聖苑火葬場の大規模改造や町民プールの長寿命化改修を盛り込んだ。

 月内の策定に向け、パブリックコメントを28日まで募集している。


関連キーワード: まちづくり 十勝

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (3,619)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,064)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,820)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,755)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。