リニューアルから10年 北見市留辺蘂山の水族館

2022年06月21日 16時20分

出前水族館など記念事業企画 道の駅に特設会場設置

 北見市留辺蘂自治区温根湯温泉地区にある山の水族館が7月7日、リニューアルオープンから10周年を迎える。これを記念し、市や市観光協会などで構成する実行委員会は、出前水族館や千歳水族館とのコラボレーションといった各種事業を展開する。水族館の魅力を広く知ってもらうことで、多くの観光客が訪れるきっかけにするのが狙いだ。

 同水族館は既存施設の老朽化などに伴い、2012年に道の駅おんねゆ温泉内の果夢林の館東側に移転改築した。規模はW造、平屋一部2階、延べ594m²。ドーム状の水槽の上から流れ落ちる滝を見上げる滝つぼ水槽など独自の展示が特色となっている。

滝つぼ水槽など独自の展示が特色の山の水族館

 オープン当初から多くの来館者でにぎわったが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、21年の来館者数は4万5180人と、ピーク時の6分の1まで落ち込んだ。

 記念事業は800万円の予算を投じて23年3月下旬まで展開する。出前水族館は、道内の道の駅などを対象に、特設会場を設けて5回開催する見込みだ。滝つぼ水槽のプロジェクションマッピングや飼育員の仕事を追体験できるインタラクティブ動画、魚にまつわるクイズラリーを企画する。

 このほか、同水族館とコンセプトが近い千歳水族館とのコラボ事業、季節の移り変わりを表現する水族館の新たなプロモーションビデオ制作などに取り組む。


関連キーワード: オホーツク 文化施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,078)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (3,018)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,147)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,738)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,547)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。