25年度に着工を前倒し 八雲町役場庁舎の移転新築

2022年06月22日 16時45分

基本計画を見直し

 八雲町は、役場庁舎移転新築の基本計画を見直した。改修しての利用を見込んでいた旧八雲養護学校は、ウクライナ避難民の支援に向けた施設として活用するため、庁舎整備と切り離す。本庁舎には子育て支援センターなどを合築する方針で、着工を1年前倒しして2025年度とする。

 21日、移転新築基本設計の公募型プロポーザル公告に合わせて公表した。

 基本計画は20年度に策定した。当初、国立病院機構旧八雲病院を解体して新築する庁舎は延べ約4300m²の規模。西側に隣接する旧養護学校は改修して公民館、郷土資料館などの移転先として活用する方針だった。

 そうした中、ロシアのウクライナ侵攻を受け、町はウクライナからの避難民の受け入れを表明。支援策として日本語学校設立に向けた検討に着手していて、養護学校を候補とした。

 校舎は改修せず、1階に日本語学校と防災備蓄庫、2階に書庫を設ける。体育館は避難所として活用する。

 これに伴い、公民館機能(想定延べ1000m²)は本庁舎に組み込む方針に転換。合わせて、子育て支援センター(400m²)と発達支援センター(300m²)も本庁舎と合築することにした。

 以前から合築する方針の保健センター(900m²)を含めて、本庁舎は延べ6900m²に拡大する。合築対象外となった郷土資料館は、八雲病院敷地内か現地での建て替えを検討する。

 全体スケジュールも見直した。25年度に予定していた養護学校の改修をやめたことから、着工が1年早まる見込みとなった。

 22年度の基本設計後、23年度に本庁舎と八雲病院解体の実施設計をする。24年度に病院を解体し、25―26年度で庁舎を新築する想定だ。


関連キーワード: 庁舎 新築 渡島 移転

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 古垣建設
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (6,301)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,581)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,537)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,422)
おとなの養生訓 第203回「おかゆ」 消化時間、白...
2021年03月15日 (1,067)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。