36号登別東町無電柱化を 登別市が700m対象に要望

2022年06月22日 17時25分

 登別市は36号登別市登別東町の無電柱化を国に要望している。対象は登別東町3丁目―登別本町1丁目間の700m。区間内にはJR登別駅前へつながる道道登別停線との交差点があり、室蘭建管も同路線の無電柱化を計画している。一帯は登別温泉など登別観光の玄関口。実現すれば街並みが一変する。

36号と道道の交差点。左側は登別停線、右側は洞爺湖登別線。
無電柱化実現で街並みは一変する

 札幌市を起点に室蘭市を終点とする36号は、登別市内でも住民の生活や地域経済を支える主要幹線道路。登別東町と登別本町では、市街地中央部を通過する広域交通の幹線軸として機能し、緊急輸送道路、市津波避難計画の避難路になっている。

 無電柱化は災害時の強靱化などが目的。道の無電柱化計画に位置付けられたことを受け、国への新規要望に盛り込んだ。

 事業効果に市街地の災害防止と景観向上、安全で快適な通行空間確保、緊急輸送道路としての機能向上を挙げている。

 道道登別停線では、室蘭建管が登別駅前から36号交差点まで270mの無電柱化を計画。2023年度の事業化を目指し、22年度は単独事業で調査する。

 登別駅前は、建管が22年度から駅前広場拡張に入った。駅に隣接して市が情報発信拠点施設を新築中で、JR北海道は駅舎の増築を計画する。要望が実現すれば、周辺一帯で都市基盤整備が一気に進むことになる。


関連キーワード: 国交省 景観 胆振 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,095)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (3,030)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,155)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,740)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,552)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。