吉岡温泉移転に8億円 福島町が基本計画

2022年06月23日 16時45分

W造、延べ800m²

 福島町は吉岡温泉ゆとらぎ館移転新築の基本計画をまとめた。現施設よりも小さいW造、延べ約800m²の規模とし、長期的な利用へ無駄のない施設を追求。木質バイオマスボイラを導入するなど環境負荷低減に配慮する。総工費は8億6000万円を試算。2023年5月ごろに着工し、24年4月のオープンを目指す。

 ゆとらぎ館は1994年の完成で、老朽化しているため建て替える。基本計画策定は21年9月に日本工房に委託した。

 建設地は現施設の東側に位置する吉岡219の23ほか。平屋、延べ822m²の規模で、現状より100m²ほど縮小する。

 簡素で無駄のない施設構成をコンセプトに掲げる。外装はコンパクトで四角い形にし、鋼板ベースの長期耐久製品などを使用してメンテナンスの効率化を図る。外壁の色は濃いグレーで「和」を演出する。

 内部には道南スギなどの地元材を可能な限り用いる方針。木を前面に生かしたデザインとし、癒やしとぬくもりを感じる空間を創出する。

 浴室は源泉の安定利用も視野にメインの浴槽を1カ所に集約。寝湯型のジェットバスやサウナ、露天風呂も設置する。

 温泉加温と給湯には脱炭素化を念頭に、木質チップを使用する木質バイオマスボイラを導入する。町内で発生する間伐材や林地残材など未利用材を活用し、循環型社会の推進も図る。灯油FF式温水発生機でバックアップする。

 実施設計も日本工房に依頼し、23年2月末までを業務期間に進める。工事は主体、電気、機械に分けて発注。25年度以降に現施設を解体する。

 今後も資材などの価格上昇が続く見込みのため、事業費は「切り詰めるところは切り詰める」(町)との姿勢だ。


関連キーワード: 入浴施設 渡島 移転新築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,523)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,325)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,560)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,116)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,732)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。