吉岡温泉移転に8億円 福島町が基本計画

2022年06月23日 16時45分

W造、延べ800m²

 福島町は吉岡温泉ゆとらぎ館移転新築の基本計画をまとめた。現施設よりも小さいW造、延べ約800m²の規模とし、長期的な利用へ無駄のない施設を追求。木質バイオマスボイラを導入するなど環境負荷低減に配慮する。総工費は8億6000万円を試算。2023年5月ごろに着工し、24年4月のオープンを目指す。

 ゆとらぎ館は1994年の完成で、老朽化しているため建て替える。基本計画策定は21年9月に日本工房に委託した。

 建設地は現施設の東側に位置する吉岡219の23ほか。平屋、延べ822m²の規模で、現状より100m²ほど縮小する。

 簡素で無駄のない施設構成をコンセプトに掲げる。外装はコンパクトで四角い形にし、鋼板ベースの長期耐久製品などを使用してメンテナンスの効率化を図る。外壁の色は濃いグレーで「和」を演出する。

 内部には道南スギなどの地元材を可能な限り用いる方針。木を前面に生かしたデザインとし、癒やしとぬくもりを感じる空間を創出する。

 浴室は源泉の安定利用も視野にメインの浴槽を1カ所に集約。寝湯型のジェットバスやサウナ、露天風呂も設置する。

 温泉加温と給湯には脱炭素化を念頭に、木質チップを使用する木質バイオマスボイラを導入する。町内で発生する間伐材や林地残材など未利用材を活用し、循環型社会の推進も図る。灯油FF式温水発生機でバックアップする。

 実施設計も日本工房に依頼し、23年2月末までを業務期間に進める。工事は主体、電気、機械に分けて発注。25年度以降に現施設を解体する。

 今後も資材などの価格上昇が続く見込みのため、事業費は「切り詰めるところは切り詰める」(町)との姿勢だ。


関連キーワード: 入浴施設 渡島 移転新築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,095)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (3,030)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,155)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,740)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,552)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。