ホーム企画センターがメタバース活用を本格化

2022年06月28日 08時00分

7月から取引先と打ち合わせ 10月には顧客とも

 ホーム企画センター(本社・札幌)は、オンライン上の仮想世界「メタバース」の活用を本格化する。7月から取引先工務店と、同社の特許工法「スミノイエ」に関して仮想空間内での打ち合わせを開始。続いて10月をめどに、注文住宅を建てる顧客との商談にも導入する。相手が目の前にいる感覚で、同じ立体画像を見ながら話すことによって施工イメージなどを正確に共有する。

独自工法の構造をメタバース上に表現する

 23日、スミノイエを導入する一部工務店との会合で計画を周知した。工務店側に仮想現実(VR)ゴーグルがあれば立体画像を見ながら工法を確認でき、同じ仮想空間内にいるホーム企画側のスタッフに質問することもできる。

 同社の工法は換気システムと炭との接続ノウハウに特徴があるが、壁のボードや床材を貼ると仕組みが隠れてしまう。このため、施工者に建築現場を見せて説明するには内装工事に移る直前のわずかなタイミングに合わせなければならなかったが、VRならいつでも利用可能になる。導入工務店は道内だけでなく、青森から沖縄まで国内全域に及ぶ。出張しなくても打ち合わせできる利点もある。

 顧客向けには、新築契約者や契約間近の人を対象に、それぞれの図面に基づいてメタバース上に注文住宅を制作する予定だ。本社敷地内にある情報発信拠点「HOME LAB(ホームラボ)」の2階にあるVR体験コーナーで仮想物件を見られるようにするほか、希望があればVRゴーグルを郵送などで貸し出し、居場所に関わりなくメタバース内で内覧してもらう。

デモを試す取引先工務店社員

 物件の立体画像は例えば壁紙、電源コンセントなど細かな部分まで忠実に作り込む。変更などの相談があれば、顧客とホーム企画の営業担当者、工務店担当者らがそれぞれ同時に確認しながら話し合える。メタバース運営システムは工務店にも一部開放し、地元での顧客開拓、受注につなげてもらう方針だ。

 住宅会社が物件内覧の3D画像を公開する手法は普及しているが、顧客とスタッフが同じ空間に入り込んでリアルタイムで会話をする例は全国的にもまだ少数だ。

 同社はメタバースの積極導入を通して、社名や工法をさらに広める効果にも期待する。古川秀彦取締役事業推進部部長は、「技術の進化とともにメタバースは今後ますます普及する。20―30代など、これから家を建てるのはデジタル文化に親しんでいる世代。当社を選んでもらえるように努力したい」と話している。


関連キーワード: ICT

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,243)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,226)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,594)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,530)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,523)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。