新道東、南郷18丁目駅周辺で270haの浸水対策

2022年06月28日 19時14分

札幌市、基本検討に着手

 札幌市下水道河川局は、浸水対策の基本検討に着手する。対象は地下鉄の東豊線新道東駅(東区)、東西線南郷18丁目駅(白石区)周辺の合わせて270ha。検討結果を踏まえて浸水対策の優先度を定め、早ければ2024年度に実施設計に着手する。

 どちらも地域防災計画に位置付けた緊急輸送道路や基幹病院が集積している地域。毎時35㍉の10年確率降雨に対する整備が完了していないため、雨水拡充管整備による対策を計画している。

 新道東駅地区が178ha、南郷18丁目駅地区が92ha。現地調査などで排水能力や特徴を把握し、流出解析モデルを構築する。

 加えて、毎時35㍉の計画降雨、同50㍉の既往最大降雨、被害実績がある降雨の3降雨で浸水対策をシミュレーション。被害想定区域図を作製する。

 結果を踏まえて浸水対策を優先的に進めるかどうか検討し、雨水拡充管を整備した場合の効果や費用などを把握する。

 同局は基本検討業務を24日付で一般競争公告。履行期間は23年3月20日までとなっている。参加資格は土木設計・監理業および建設関連調査サービス業に登録し、下水道部門の登録を受けていることなどとする。7月12日まで入札書を受け付け、翌13日に開札する。

 浸水対策は、地下鉄駅周辺や道路の交通量などを考慮し、優先度が高い地域などから順に検討。現在は地下鉄の南北線平岸駅周辺で取り組んでいて、23年度は中の島地区に着手する見通しだ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,221)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,120)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,743)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,517)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,513)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。