稚内市内で管路整備10kmなど 営農用水クトネベツ地区

2022年06月29日 17時25分

23年度以降の事業費は6.7億円 宗谷総合局

 宗谷総合局農村振興課が施工中の畑地帯営農用水クトネベツ地区(稚内市)の2023年度以降残事業は配水施設1カ所、管路1万80m、残事業費は6億7600万円を見込んでいる。老朽化している既設営農用水施設を更新するとともに、安定した酪農経営を目指す。25年度の完成を予定している。

 稚内市西部を流れるクトネベツ川流域に広がる同地区は、乳牛を中心とした酪農専業地域が広がっている。既設の営農用水施設は整備後30年以上が経過し、老朽化による漏水や断水が発生し、営農用水の確保に苦慮している。

 また、配水施設は電気計装も耐用年数を超過し、供給に直結する故障が発生すれば、酪農経営に大きな影響を与える可能性があり、安定的な営農を継続していくためにも早期の整備が求められていた。

 そこで同課はこれらの課題を解決するため、受益戸数10戸、受益面積1023haを対象に、配水施設1カ所と管路1万4050mを整備する計画で、21年度に採択を受けた。22年度は21年度繰り越し分などを含め事業費1億9190万円を投じ、管路3970mの整備を進めている。


関連キーワード: 北海道庁 宗谷 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,221)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,120)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,743)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,517)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,513)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。