上庶路庶路停線本岐跨線橋架け換えを要望 釧路建管

2022年07月07日 17時12分

橋長は現橋の5.5倍 総事業費は約21億円を試算

 釧路建管は白糠町西庶路で計画する上庶路庶路停線本岐跨線橋架け換えの2023年度着手を要望している。東側にルートを変更して架け換える計画で、現橋の5.5倍に上る橋長69.1m、幅員11.9mとなる見込み。総事業費は約21億円を試算する。

 1968年度に架設した同橋(橋長12.5m、幅員10.9m)はJR根室本線をまたぎ、国道38号交点から庶路ICまでアクセスできる緊急輸送道路。完成から50年以上が経過し、老朽化や損傷が著しいため18年度の点検で早期の対策が必要と判断した。安心・安全な道路交通網確保に向け架け換える。

 計画では560mを対象に線形を東にずらし、幅員を10mから11mに広げる。新橋は3径間連続鈑桁とする見込みで、壁式橋脚と逆T式橋台を2基ずつ設ける構想。28年度の完了を目指す。

 5月の公共事業評価専門委員会で国に23年度着手を要望する事業として妥当と判断され、6月の道議会建設委員会で計画を報告。事業採択となれば初年度は用地買収やJR北海道との協議を進め、24年度以降に本工事に取り掛かる。現橋は新橋完成後に解体する。


関連キーワード: 北海道庁 橋梁 道路 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,046)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,846)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,748)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,511)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。