緑丘などこども園2施設建て替え 白老町保育事業運営計画

2022年07月15日 17時07分

はまなす保育園で修繕や移転必要

 白老町は、第2期保育事業運営計画を策定した。施設整備方針では、町立はまなす保育園で修繕や移転の必要性を指摘。民間認定こども園の緑丘、白老小鳩両保育園で2023年度以降の建て替えを計画している。

 町が目指す保育の在り方と各園の再配置・民営化を含めた整備方針を明らかにするため、17年度に策定した保育事業運営計画を発展させたもの。計画期間は22―26年度としている。

 萩野72の1にある、はまなす保育園(RC造、平屋、延べ617m²)は1961年に開設した。95年に建て替えたが海岸沿いに立地していることなどから老朽化が著しく、修繕などをしなければ長期的な利用は難しい状況。防災上の観点からも将来的には移転などの対策が必要としている。

 4施設ある民間の認定こども園のうち、緑丘1丁目12の1の緑丘保育園(鉄骨ブロック造、平屋、延べ688m²)は75年の開設。15年に大規模修繕したが躯体までは手を入れていないため、建て替えを予定している。

 東町3丁目1の27の白老小鳩保育園(S造、平屋、延べ786m²)は54年の開設後、87年に建て替えたが老朽化が進んでいるため、改築を計画している。

 いずれも23年度以降の着手とし、工事費はそれぞれ約3億円としている。


関連キーワード: こども園 保育園 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (2,967)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,347)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,313)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,221)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (814)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。