札幌市、23年度開発予算に225億円を要望 国費ベースで9割増

2022年07月15日 18時52分

新規は発寒清掃工場更新など

 札幌市は2023年度の北海道開発予算概算要望額を明らかにした。国費ベースで22年度配分額を88.9%上回る225億500万円。新規で発寒清掃工場更新や白石破砕工場更新、北15条線電線共同溝、水源池通と福住・桑園通の交差点部拡幅などを盛り込んだ。東4丁目通拡幅の着工費も要望。道路・街路や公住の整備に加え、駒岡清掃工場更新の本格化が全体を押し上げた。

 社会資本整備総合交付金(社交金)と防災・安全交付金(防安)の要望額をまとめた。全国枠交付金、補助金は含めていない。

 内訳は、社交金が2・2倍の141億6000万円、防安が49.4%増の83億4500万円。構成比は社交金が62.9%、防安が37.1%となっている。

 事業別では、道路・街路に76.5%増となる80億300万円を積み上げた。新規で水源池通の交差点部拡幅、北15条線電線共同溝を盛り込んだ。継続は屯田・茨戸通、環状北大橋上りなど橋梁長寿命化修繕を挙げたほか、東4丁目通拡幅の着工費を計上した。

 公営住宅等整備は、市営住宅伏古団地建て替えのうちA―4、A―8号棟の着工費、もみじ台団地ほか外部改修、ひばりが丘団地など5団地のエレベーター更新に73.9%増の23億600万円を要望。安全ストック形成は民間建築物耐震化促進などに31.9%増の1億4900万円を求める。

 公園・緑地は0.2%増の13億2400万円。コロナ禍の影響を精査するため、22年度予算の本要望から取り下げた百合が原公園のパークPFI導入費用を再度盛り込み、新規扱いとした。継続で厚別山本公園造成や屯田西公園、モエレ沼公園、農試公園などの公園施設長寿命化対策を予定している。

 環境衛生は6・3倍の54億6200万円。駒岡清掃工場更新の本格化で大きく伸びた。新規で白石破砕工場更新、発寒清掃工場更新に取り掛かる。下水道は32.4%増の44億300万円とし、西部スラッジセンター汚泥焼却施設改築に約13億円を要望。水道は2・3倍となる2億6400万円を充て、豊平川水道水源水質保全を推進する。

 新たに設けたバリアフリーには4900万円を措置し、公共施設バリアフリー化推進、民間公共的施設バリアフリー補助に取り組む。河川は横ばいの3億100万円を要望し、厚別西川総合流域防災を予定する。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,743)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,543)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,496)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,158)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,071)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。