全国鉄筋技能大会で東亜工業の山岡卓也さんが優勝

2022年08月03日 08時00分

道内から初快挙、仕上げを意識

本選では出来栄えを重視して取り組んだ

 7月24日に静岡県富士宮市の富士教育訓練センターで開かれた「第4回全国鉄筋技能大会(通称・TETSU―1グランプリ)」で、東亜工業(本社・東神楽)の山岡卓也さん(31)が優勝し日本一に輝いた。道内からは初の快挙。山岡さんは「他の参加者も素晴らしい技術だった。その中で選ばれたことをうれしく思う」と喜びをかみしめた。(旭川支社・松藤岳記者)

 同大会は若手の鉄筋工の育成に向け、全国鉄筋工事業協会が2015年から隔年で開催。コロナ禍で21年秋の全国大会が延期となり、7月にずれ込んだ。

 十字形の鉄筋構造物の組み立てを、1時間20分以内で仕上げるのが課題だ。完成が1分短くなるごとに加点されるが、鉄筋の間隔や角度の正確さ、結束処理の丁寧さなど出来形も重要となる。

 北海道鉄筋業協同組合が21年に開いた予選会で、山岡さんは他の参加者を大きく引き離す46分台をマークして優勝。本選を控えたことし7月に入ってから練習を再開し、1週間前からは毎日2回課題を組み上げる万全の体勢で臨んだ。

 全国から29人の鉄筋工が参加した本選は、50分で完成させた山岡さんでさえタイムでは2番手となるハイレベルな戦いとなった。しかし、出来栄えの減点が少なかった山岡さんが大会を制し、2位には東京都代表の種山匠さん、3位には山口県代表の渡辺武志さんがついた。

山岡さんは「リラックスして組めた」
と話す

 「リラックスしてミスもなく組めた。きれいに仕上げることを意識した」と話す山岡さん。ウェブで配信された競技風景を見て家族や会社の同僚も応援したという。「みんなが声を掛けてくれて不思議な気持ち。現場で競うことはないので達成感がある」と自らの培った技術が評価された喜びを語った。

 道鉄筋業協組副理事長で、東亜工業の親会社でもある旭都鉄筋工業所(本社・東神楽)の国井角成社長は「北海道は技術力の高い地域だと証明できた。これからの工事でも顧客のために技術を生かしてほしい」と期待を寄せた。


関連キーワード: 上川 技能

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,046)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,846)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,748)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,511)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。