札幌市の22年上半期新設住宅着工戸数 3.8%減の7612戸

2022年08月03日 18時47分

 札幌市内の2022年上半期(1―6月)新設住宅着工戸数は、前年同期比3.8%減の7612戸にとどまった。分譲住宅が好調で、過去10年の平均(7487戸)を1.7%上回ったが、持ち家と貸家が停滞。資材価格高騰が一因とみられる。

 国土交通省の住宅着工統計を基に集計した。種別で見ると、貸家は4%減の4102戸で全体の半分を占める。分譲住宅は2188戸で16.6%増えたが、持ち家は24.7%減の1311戸、給与住宅は42.2%減の11戸だった。

 区別では豊平区が8.3%増の1442戸でトップ。持ち家と貸家は減少、分譲住宅が2・1倍の479戸と好調だった。これに1263戸(16.5%減)で中央区、1155戸(38.3%増)で東区が続く。

 伸び率は45.6%増(268戸)で清田区が1位。貸家が15・3倍の138戸と大きく伸びた。2位は東区、3位は豊平区となっている。  6月単月は25.6%増の1749戸。貸家と分譲住宅が5割増加した。

 内訳は持ち家が26.1%減の313戸、貸家が51.9%増の1033戸、分譲住宅が48.7%増の403戸。給与住宅はなかった。  住宅流通研究所(本社・札幌)によると、分譲住宅の伸びは分譲マンションの着工が要因。一方、持ち家と貸家は資材価格高騰などを理由に中小のハウスメーカー、デベロッパーなどで着工数の減少が出始めている。

 下半期は「分譲住宅を含め減少が続く」とみている。分譲マンションの価格高騰に物価上昇が加わり、着工数は落ち込むと予測している。


関連キーワード: さっぽろ圏 住宅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,046)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,846)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,748)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,511)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。