「八角塔」しばしの別れ 道の赤れんが庁舎大規模改修

2022年08月06日 10時00分

高橋重機興業が取り離し作業

クレーンで吊り上げられた八角塔

 赤れんがのシンボル「八角塔」、しばしの別れ―。国の重要文化財である赤れんが庁舎の大規模改修に伴い、八角塔の屋根が3日に庁舎から取り離された。クレーン作業は高橋重機興業(本社・札幌)が担当。市民に惜しまれながら取り離された八角塔は、2024年5月ごろに再び取り付けられる。

 庁舎は、れんが造、地下1地上2階、延べ5004m²の規模で1888(明治21)年に完成。1968年の復元工事から50年が経過し、老朽化が進んでいるため、大規模改修を実施する。

 取り離し作業は、7月末に八角塔の屋根部分を切断と縁切りし、屋根と建物の隙間に吊り上げ用の架台の挿入が完了。作業当日は高さ10m、幅8m、重さ約30㌧の屋根をクレーンで吊り上げ、庁舎東側の仮設見学施設に降ろした。
 屋根は今後、板金のふき替えや、頂上のポールの劣化が見られれば補修などを行う。

 同社の高橋悠太安全管理部係長は「歴史ある赤れんが庁舎の改修工事は一大イベント。その現場に関われるのは光栄なこと」と熱い思いを訴えた。2年後の再び庁舎に取り付ける作業では「見学施設から出す際に操作を間違うと鉄骨などに当たって塔に傷をつける可能性がある。難易度はとても高いが、気候状況を注視し、安全第一で作業に当たりたい」と話す。


関連キーワード: さっぽろ圏 大規模改修 改修 景観

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,199)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,154)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,506)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,559)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,517)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。