駒ケ岳小、改修など検討 森町が年度内に方針

2022年08月23日 17時05分

一部除き構造上危険な状態 

 森町は駒ケ岳小耐力度調査の結果をまとめた。一部の管理棟や校舎を除き、構造上危険な状態だと判断。このため、長寿命化改修や休校などを含め、今後の対応を検討している。住民説明会などを経て年度内に方針を固める考えだ。

 駒ケ岳453にある同小は1951年に完成。増改築を繰り返し、平屋、延べ1812m²の規模となっている。構造はRC造、S造、W造が混在する。5月1日時点で3学級18人の児童が通う。

 耐力度調査は1万点を満点とし、RC造、S造、補強RC造は4500点以下、W造は5500点以下の場合に構造上危険な状態の建物と判断。70年以前の建物については緩和措置があり、RC造などを5000点以下、W造を6000点以下としている。

 同小は建物全体のうち1627m²が構造上危険な状態とされた。

 このため、町は長寿命化改修や休校、他校との統合などの措置を検討。また児童数の減少に伴い、学校の規模を現況より縮小し、空いたスペースに町民が利用できる施設を設ける案なども挙がっている。

 総事業費は未定だが億単位に上るとみられる。


関連キーワード: 学校 渡島 耐震化

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,721)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,501)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,205)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,085)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (874)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。