留萌開建、23年度国営総合農地防災産士で農地保全220ha

2022年09月01日 17時55分

概算要求で12億円 排水路改修の付帯工の

 留萌開建は、2023年度概算要求に12億円が盛り込まれた国営総合農地防災産士地区(天塩町)について、農地保全220haや排水路改修の付帯工を展開する考えだ。

 同地区は、天塩川沿いに広がる牧草地で、受益面積が2289haに上る。広範囲に分布する泥炭土により地盤沈下が生じ、たん水被害や湿害、埋木障害を引き起こし営農に支障を来していた。

 同開建では、課題解決を通じた農地の機能回復に向け15年度に事業化した。総事業費は130億円を見積もる。

 全体では暗渠や不陸整正、埋木除去、置き土を含む農地保全2289ha、排水路12条15.7kmの改修を計画。25年度の完了を目指す。

 22年度は、当初予算11億8900万円と21年度補正4億3000万円を繰り越した16億1900万円で事業展開している。農地保全として暗渠新設201haに着手し、排水路は3条3.5kmを改修し完了する。22年度末で事業進捗率は75.5%となる見通しだ。

 23年度以降の残事業は、暗渠新設が640haあり、このうち23年度は220haに取り組む。このほか改修に伴い設置していた仮排水路の復旧といった付帯工を進める。


関連キーワード: 留萌 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,680)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,502)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,469)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,269)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,098)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。