行政書士池田玲菜の見た世界

 アンパサンド行政書士事務所の池田玲菜代表が、行政書士の視点から連載するコラム。(北海道建設新聞本紙3面で、毎月第1木曜日に掲載しています)

行政書士池田玲菜の見た世界(23)モヤモヤ課題解決方法

2022年09月02日 10時35分

言葉で捉え解決に近づく

 調味料、例えばバターが必要となりました。あなたは、どこで購入しますか?

 激安スーパーマーケットで購入しても、高級スーパーマーケットで購入しても、はたまたコンビニエンスストアで希望小売価格と同額で購入しても、得られるものは、欲しかったバター一つです。

 一方、どの店で購入するかについては、自身の体験にお金を払っていると言えます。数百円のうち、せいぜい2割程度しか変わらない価格差はざらで、手を出すことのできない超高級調味料を片目に見ながらいつものバターを買うか、どれでも同じという諦めた手つきで全国どこでもおよそ配置の変わらないコンビニエンスストアで購入するか―。得られるものは同じものであっても、希望する体験を得られる購入方法を選択しているといえます。

 行政書士が依頼を受けるのは、主に許認可の取得です。一般的な能力を有しているどの行政書士に依頼しても、どこでも買えるバターのように、皆、同じ許可を得ることができます。

 価格はそれぞれです。初めての業務を受任する場合は、インターネットで他事務所の価格を調査しながら、書類作成にかかる時間を想定し、価格を見積もります。事務所ごとに、2割では済まない価格差が生まれています。

 許認可の取得は、マンパワーさえあれば依頼せずに自社内で完了させられるものが多いです。単なるマンパワーの補完であれば安ければ安い方が良いでしょう。高価格帯を設定している事務所が事業を継続している点から考えると、価格だけが依頼の基準ではなさそうです。

 その時に、私たち行政書士がそれぞれ提供している価値は、何なのかといつも考えています。なぜお客さまは、私、またはとある先生に依頼するのか。そして、それに対する明確な答えは見つけられていません。

 成果の面で、行政書士ごとに異なることがあるとすれば、多少の早さの違いと、控え書類とそのファイリングのきれいさ程度です。その違いは、2割以上の価格差、額として数万円の違いを乗り越えられるほどのものではないように思えます。

 先日、懇意にしている社長との雑談の際に、課題を言語化し明確に把握する重要性に話が及びました。何となくモヤモヤしていても課題は解決しない。自分が、今、直面している課題を、突き詰め、言葉をもって捉えることにより、解決に近づくという課題解決方法に互いに共感しました。

 誰に頼んでもほぼ同じ成果が出るものに対して、なぜ自分が依頼されているのか、どのような体験を提供できているのか―。モヤモヤしながらであっても追求し続けることによってのみ、より良い業務の遂行が実現できるのだと思うのです。


行政書士池田玲菜の見た世界 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,750)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,959)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,270)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,300)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,063)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。