深川駅周辺複合施設 基本計画素案まとまる

2022年09月06日 17時20分

事業費は21億円 設計・施工分離方式で発注へ

 深川市は、深川駅周辺複合施設整備の基本計画素案をまとめた。規模は、現在の中央公民館と同じ3階、延べ2000m²と想定。概算事業費に21億3000万円を見積もった。整備手法は、設計・施工分離方式で基本・実施設計は一括での発注を予定している。

 JR深川駅(1条9)近くにあったバス事業者が運営するバスターミナルが2007年に閉鎖。5条7の23にある中央公民館(RC造、地上3階塔屋1階、延べ1971m²)が、築45年以上経過していることから両施設の機能を中心とした複合施設を整備する。

 建設予定地は、1条514の5にある深川駅西側の敷地約6000m²。現在は民間で整備された公園と飲食店用地として使用されている。機能ごとの想定面積は、公共交通レーン2200m²、公民館(複合施設)敷地1500m²、多目的広場700m²、駐車場増設分300m²、その他緑地など1300m²となっている。

 屋内に多目的スペースやカフェ、会議室・研修室、多目的ホールを設置。屋外には多目的広場を設けているほか、公共交通の拠点として待合、公共交通レーン、屋根付きの乗降場を整備する。

 11月末をめどに基本計画を策定し、その後23年度にかけて土地調査などを進める予定。24年度に基本・実施設計を完了し、25年度の着工、26年度の竣工を目指す。27―28年度には既存公民館の解体と跡地整備を予定している。発注方法などは今後決める。


関連キーワード: 地域交通 文化施設 空知 複合施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,680)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,502)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,469)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,269)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,098)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。