冬季五輪招致の機運醸成へスローガン 下旬にもネット投票

2022年09月11日 10時00分

札幌市などプロモ委が会合

開催意義やスローガン策定に向け意見を交わした

 札幌市と日本オリンピック委員会(JOC)は8日、市内で北海道・札幌2030オリンピック・パラリンピックプロモーション委員会の第4回会合を開き、開催意義を踏まえた分かりやすいメッセージ、スローガンの策定について意見を交わした。今後、ワーキンググループ(WG)での議論を踏まえてスローガン3案程度を作成。今月下旬にもインターネット投票をし、10月中旬のWGで最終案を決める。

 これまでの会合では、共生社会やレガシーなどの各分野ごとに大会の開催意義を議論。今回はSDGsと経済・まちづくりについて意見を交わした。

 市が示した開催意義の取りまとめ素案では、共生社会の分野で「雪と共存し、雪がある生活に誇りを持てる街・地域」のほか、「利用者目線でのバリアフリー推進」、レガシーでは「大会開催による市民生活向上」などを挙げている。

 これらの開催意義を踏まえ、理解促進や機運醸成に向けて国民向けのメッセージとスローガンを策定する。

 非公開での会議終了後、取材に応じたプロモ委の岩田圭剛会長は「人や街だけでなく、大会も新しいステージを目指してはどうかという意見があった」と明かした。

 WGの木村麻子座長は「意見交換を通して、大きく変わることや持続可能で心豊かな未来をつくる、札幌の良さを伝えるといった観点からスローガンを作ることを確認した」と話した。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,319)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,241)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,663)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,454)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (1,938)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。