苫小牧港でLNGを船舶に供給 道内初のトライアル

2022年09月09日 16時23分

 苫小牧港管理組合と石油資源開発は8日、液化天然ガス(LNG)のバンカリング需要拡大に向けたトライアルを道内で初めて実施した。関係者約150人が見守る中、苫小牧港西港区北ふ頭3号岸壁で、LNGを陸上のローリーから海上の船舶に供給。苫小牧港でのLNGバンカリング拠点形成に期待が高まった。

多くの関係者が見守る中、陸上のローリー(右)からLNGを供給した

 世界的に船舶の排出ガス規制が強化され、LNGを船舶燃料に導入する動きが進んでいる。LNGは重油を使用しないため、船舶からの温室効果ガス発生抑制や硫黄酸化物の排出量削減が期待される。爆発などの危険性も比較的少なく、安全性の高い燃料だ。

 国内ではLNGを燃料に横浜港と大阪港を行き来する船舶が既にあり、苫小牧港管理組合と石油資源開発は2019年2月に苫小牧港LNGバンカリング検討会を設置。苫小牧港を拠点とするLNGバンカリングの実施に向けた課題の洗い出しや解決方法の検討を進めてきた。

 トライアルは名古屋港、神戸港、北九州港に続いて、4港目。陸上のLNGローリーから、海上に浮かぶ商船三井保有のタグボート「いしん」に供給した。気密試験やアース、フレキシブルホースの取り付け方、ローリーから船舶への具体的な供給方法などを検証しながら、4.8tのLNGを約1時間かけて積み込んだ。

 また、船の性質に合わせた供給方法やLNGバンカリングを実施する際の手続き、必要なインフラなどより実践的な知識や今後求められる課題を把握。検討会で議題に挙がったLNGの今後の需要についても認識を深めた。

 平沢充成専任副管理者は「温暖化やCO₂の排出が問題視される中、LNGバンカリングを通して多様な変化に対応したい。今後も苫小牧港で次世代エネルギーを取り入れ、アピールしたい」と同港でのLNGバンカリングの早期実現に意欲を示した。


関連キーワード: エネルギー 港湾 物流

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,520)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,316)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,544)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,106)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,726)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。