中富良野町統合校舎新築 発注方式検討へ業者に意向調査

2022年09月13日 16時46分

価格競争か総合評価、分割か一括 国交省の入札契約改善推進で

 中富良野町は、2023年度着工の中富良野小と中富良野中の統合校舎新築について、発注方式の参考にするためアンケートを実施する。建設業者を対象に、入札は価格競争のみか総合評価を導入するか、また発注は分割か一括かなど意向を聞く。共同体における地元業者の活用なども質問項目にある。回答は30日までに取りまとめ、その後23年3月末をめどに発注方式を固めていく考えだ。

 統合校舎新築は23年度に入札し、23、24年度の2カ年で施工する。基本設計を終えた段階での規模はRC造、3階、延べ9650m²。

 22年度は実施設計とともに、発注方式を検討中。事業費が50億円に及ぶ大型案件の上、町に地元企業の受注意欲を考慮する入札契約のノウハウが少ないため、国土交通省の入札契約改善推進事業で支援を受けている。支援事業者は明豊ファシリティワークス(本社・東京)で、期間は23年3月まで。

 改善推進事業の一環で、建設業者の意向や施工能力を調べるためアンケートを実施する。質問項目は主に、①所在地・事業への関心・実績等②発注単位③落札者の選定方式④事業への体制の構築・確保の状況⑤地域振興に寄与する度合い―の5点。

 ②で発注の分割の有無や、③で価格競争と総合評価に対する意向を聞く。④では工事における下請け業者や資材の確保の見通し、⑤では富良野圏域(上富良野町、中富良野町、富良野市、南富良野町、占冠村)の業者を含めた共同体の結成、また同圏域で資材調達できるかなどを確認する。

 アンケートの参加対象は道内に主たる営業所または営業所を置き、町の入札参加資格で土木A、建築A、電気A、管A、解体のいずれかに該当する業者だ。参加は条件を満たせば自由。

 調査への回答の有無や意見内容は、事業者選定には影響しない。

 アンケートに回答したい事業者は、16日午後5時15分までに町総務課財政管財係に電子メールで連絡。その後、町から20日正午までに回答フォームが届くため、30日までに電子メールで回答する。詳細は町のホームページで確認できる。

 問い合わせ先は町総務課財政管財係、電話0167(44)2122、電子メール(zaisei@nakafurano.jp)。


関連キーワード: 上川 入札制度

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,243)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,226)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,594)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,530)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,523)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。