良品計画が清水町で民泊物件をプロデュース

2022年09月20日 08時00分

移住体験住宅をリノベ・空間演出で魅力上昇

リノベーションする移住体験住宅

 良品計画(本社・東京)は、清水町が民泊物件として活用する移住体験住宅3軒をプロデュースする。インテリアコーディネートやリノベーションを施し、物件の魅力を高めて利用者の移住検討につなげる。

 清水町は6月に米民泊仲介大手のAirbnbと包括連携協定を結び、移住体験住宅を民泊として活用するなど、取り組みを進めている。

 良品計画は1日にAirbnbと包括連携協定を締結。全国の空き家や空き店舗、地方自治体管理の住宅をプロデュースし、多様な宿泊施設と地域のにぎわいの創出を目指している。第1弾として清水町で取り組みを展開する。

 インテリアコーディネートは、移住体験住宅清水の2号と3号で実施し、13日に予約を開始した。北1条2丁目1の3にあり、JR十勝清水駅が近い。2021年12月に実働日数32日で完成させた道内初の木造応急仮設住宅で、移住体験住宅として住環境の実証実験中。無印良品の日用品などをセットし、地元に暮らすような民泊空間を演出した。

 残る1軒は、来冬からの運用に向けてリノベーションを進める。南4条西3丁目5にあり、1998年に建設した。コンセプトは「日常の家」で、地元の食などを楽しむ空間とする。造作家具は道産木材を使う見通しだ。(帯広)


関連キーワード: 十勝 宿泊施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,692)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,518)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,477)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,273)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,107)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。