留萌建管ウツツ川総合流域防災の23年度概算要望

2022年10月03日 16時55分

初弾着工見送りで再度要望 掘削などに3.5億円

 留萌建管は、遠別町のウツツ川で展開する総合流域防災について、2023年度の概算要望に3億5000万円を積み上げている。掘削1万3000m³や築堤などを進める考えだ。22年度に初弾工事を発注する予定だったが、予算配分されなかったため23年度で再度、要望を挙げている。

 ウツツ川は天塩山地を源流とする2級河川。清川地区や啓明地区を流れ日本海へと注ぐ。

 1961年から68年まで啓明地区と清川地区間で河道を掘削し、71年から97年までウツツ川河口と啓明地区間で堤防などを整備。しかし他の区間で改修をしていないため、流下能力不足が課題にあった。

 特に2010年8月の豪雨被害では、農耕地111haが冠水する甚大な被害が発生した。同規模の水害対応を目指して19年度に事業化し、21年9月にはウツツ川水系の流域治水プロジェクトを策定した。

 整備区間は八千代橋の下流1km地点からピシュクシュウツナイ川合流地点までの4.1kmとしている。

 全体計画は掘削46万4000m³や築堤6000m³、護岸1800m²、排水8基など。総事業費は9億5000万円を試算し、28年度の完了を目指している。

 21年度に22年度の初弾工着手を要望していたが、工事に関する予算配分がされず着工は見送らざるを得なくなった。そのため護岸や排水の設計といった委託業務のみを進めている。

 23年度要望では掘削1万3000m³や築堤900m³、護岸200mなどの整備に2億8800万円を見積もる。着工時期は11月ごろを見込む。

 委託関連は6200万円を計上し、24年度以降の整備に向けた設計や用地買収に取り組む考えだ。


関連キーワード: 河川 災害・防災 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,685)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,509)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,473)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,270)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,103)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。