総事業費26億円 旭川市リサイクルセンター建て替え概要

2022年10月04日 17時00分

延べ3125m² 公設公営、年度内に入札契約へ

 旭川市は、リサイクルセンター移転建て替えの概要をまとめた。S造、2階、延べ3125m²の規模で総事業費26億円を試算。公設公営を採用し、2022年度内の入札と契約、23年度早々に着工する。

リサイクル棟(右)や計量棟を新築する

 近文町13、14丁目にある近文リサイクルプラザを、環境センター東側の東旭川町上兵村282に移転改築する。同プラザは1996年から稼働を開始しているが、非効率的なラインや設備の老朽化などが課題となっている。

 従来の基本構想では、設計・施工・運営を一括で民間事業者が担うDBO方式での整備を計画。しかしコロナ禍による経済の混乱で参加意向を示す業者が減ったことや、建設コストの高騰により方針を変更し、公設公営での整備に切り替えた。

 21年度には基本・実施設計を日産技術コンサルタント・中原建築設計共同体に委託。このほど基本設計ベースの施設概要をまとめた。

 1万5765m²の敷地北側にリサイクルセンター棟を設置。1階には収集車が入る搬入口とごみ置き用のストックヤードを設け、そこからコンベヤーで2階の選別ラインにごみを送る。ラインではスチール缶、アルミ缶や瓶類を不燃物から分離した後、再度1階に送り出してリサイクルを図る。

 見学用の通路や研修室なども設置するほか、窓ガラスと一体となった太陽光発電設備も組み込み管理コストを下げる考え。敷地内北西にはS造、平屋、延べ70m²のトラックスケールを新築して、トラックにごみを載せたまま搬出物を計量する。

 構内には道路や乗用車、大型バスが停車できる駐車場を造成。植樹して緑化を図るほか、市民活動に使える広場も南東に設ける。

 今後は実施設計を11月中に終わらせ、一般競争や共同体など発注方式の検討を進める。22年度末には入札契約を終え2カ年施工で、24年度内に供用を開始するスケジュールだ。

 移転後のリサイクルプラザと跡地約1万1000m²の利活用方針は未定。今後検討する。


関連キーワード: リサイクル 上川 建て替え

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,118)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,090)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,369)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,674)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。