盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~

 函館市で首都圏などからのワーケーションの誘致や受け入れといった動きが加速している。魅力的な観光資源にあふれ、宿泊施設も豊富というワーケーションの適地ともいえる土地柄。これを生かして企業立地の促進や交流・定住人口の増加につなげたいと行政は施策展開に本腰を入れる。継続して来てもらうには魅力的で利便性の高い滞在環境の整備が不可欠。企業側も従業員がしばしばワーケーションできる柔軟な勤務体系を整える必要がありそうだ。一過性のものにしないよう、受け入れ地、企業双方に求められる条件を探る。(函館支社・鳴海太輔記者)

盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~(中)インテリジェントウェイブ

2022年10月06日 10時30分

コンパクトな都市で地元と交流 安価な長期滞在を

 市内ではもう1社、長期滞在型ワーケーションの実証実験に取り組む企業がある。金融機関向けのセキュリティーシステムなどを手掛けるIT企業・インテリジェントウェイブ(本社・東京)だ。働きやすさ・働きがいの向上や、生産性への効果などを検証している。

緑に囲まれた環境で、リフレッシュしながら仕事ができる
ウェイブ函館(インテリジェントウェイブ提供)

 同社は函館市鈴蘭丘町の臨空工業団地に開発拠点のウェイブ函館を置いている。20年ほど前に開設し、現在は50人近い社員が勤務している。緑豊かで静かな環境が特徴だ。

 実証実験では本社勤務の社員を対象に、市内中心部の短期賃貸マンションで1カ月程度暮らし、ウェイブ函館に通って仕事をするといったスタイルを採用した。「ホテルだと出張の延長線上を出ない。地域で暮らして地元の人とも触れ合ってもらい、非日常を味わってほしい」(丸山康三経営管理本部副本部長兼人事部長)との思いを込めた。

 実験に参加した第一システム本部第三部に所属する開発職の小泉貴矢さんは、五稜郭地区の短期賃貸マンションに滞在した。

 函館は「観光地と人が暮らす地域のバランスが良いコンパクトな都市」で、仕事をしながら観光するのに適しているとの感想だ。普段はテレワークで、人に1週間会わないということもしばしば。函館では主要な観光地を巡ったり、地元の人と話したりしながら心身ともにリフレッシュできたという。

 その一方、市内には短期賃貸マンションのように安価で長期滞在できる施設が少ない点が課題として残った。実験をしたのが夏場だったこともあり、確保が難しかったとしている。

 また「営業職や客先に常駐するエンジニアなど、勤務地から簡単に離れられない従業員もいる」と丸山副本部長。短期のワーケーション導入など、社員間の平等性をどう確保するかも今回の実証実験を踏まえて検証する考えだ。


盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~ 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,187)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,138)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,468)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,563)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,548)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。