VR活用なども目指す 北見工大が冬季スポーツ強化後押し

2022年10月06日 16時54分

カーリングでは競技力向上支援システム

 2022年北京五輪カーリング女子で銀メダルを獲得したロコ・ソラーレの活躍、20年のアルゴグラフィックス北見カーリングホール完成など、冬のスポーツへの関心が高まっている北見市。北見工大冬季スポーツ科学研究推進センターは、カーリング競技などを対象に工学的な見地から選手の強化を後押ししている。同ホールに備えている競技力向上支援システムを駆使しながら、次のステップとして、トップレベルでの競技データベースの構築や戦術・戦略の体系化、ロボット、仮想現実(VR)の活用などに取り組む。

 市内2カ所目の通年型カーリングホールとして柏陽町に完成したアルゴグラフィックス北見カーリングホール。北見工大の最先端冬季スポーツ科学研究を実用化した競技力向上支援システムを備えている。さらにアルペンスキーでも、若松町にある若松市民スキー場の1コースを研究施設に活用するなどして研究推進を図っている。

 ロコ・ソラーレの銀メダル獲得を祝い、9月12日に北見工大で開かれた記念講演会。冬季スポーツ科学研究推進センター長の桝井文人教授、カーリングストーンが曲がるメカニズム解明に取り組む亀田貴雄教授が研究内容を紹介した。

ロコ・ソラーレの選手たちも参加したパネルディスカッション(9月12日の講演会)

 桝井教授は「カーリング支援技術の確立を目指す実証型工学研究」をテーマに講演。北見工大など国内各大学による共同研究プロジェクトが15年から始まった。選手のトレーニングを支援するカーリングロボットや試合の情報を効率的に記録、データベース化して選手にフィードバックするデジタルスコアブックの活用といった情報機械技術による戦術支援に取り組んでいる。

 「カーリング競技は試合情報をどんどん集めて記録し、分析することが有用だ」と指摘する。電気通信大が開発したデジタルカーリングシステム、北大の開発による戦術推論AI「じりつくん」なども活用。今後はロボットとの連動やVRを用いた複数データの統合・再現などを目指し、選手強化につながる研究をさらに推進する考えを示した。

 講演後のパネルディスカッションには北見工大の鈴木聡一郎学長、桝井、亀田両教授に加え、ロコ・ソラーレの選手たちも参加。選手強化に向け、カーリングストーンの特性を捉えた戦略立案やロボットを仮想チームに見立てた対戦シミュレーションの実現などを展望した

 戦略面についてロコ・ソラーレの藤澤五月選手は「ストーンや氷の曲がりによって作戦やショットの選択を変えなければならない。世界で勝つためには柔軟性が求められる」と述べた。


関連キーワード: スポーツ 渡島

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,186)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,138)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,468)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,561)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,547)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。