香港資本のゼッケイ、ひらふに高級ホテル計画

2022年10月13日 18時44分

23年5月着工 運営は星野リゾート

 不動産開発を手掛ける香港資本のゼッケイコスモス(札幌市中央区南10条西14丁目1の25、石丸修太郎代表)は、倶知安町ひらふ地区に分譲ホテル新築を計画している。星野リゾート(本社・長野県軽井沢町)が、道内初となる同社の最高級ブランド「星のや」として運営。2023年5月の着工を目指す。施工業者は今後決める。

 施設名は仮称・星のやロッジニセコで、建設予定地は山田204の2。旧山田温泉ホテルの跡地で、ニセコ東急グラン・ヒラフスキー場の至近になる。

 RC一部S造、地下1地上5階、延べ1万4700m²の規模で、部屋は62室。設計は東環境・建築研究所が担う。26年秋の開業を予定する。温泉掘削や土地造成を実施するかは検討中だ。

 個々の客室をオーナーに分譲し、オーナーが使わない期間に星野リゾートがホテル客室として運営する仕組みで、同社は「レジデンスホテル」としている。全室にキッチンを設置。食事は、調理スタッフが下準備を済ませた状態で客室に届けることも可能という。最上階には羊蹄山を眺められる温泉プールを設ける。宿泊料金などの詳細は決まっていない。

 ゼッケイコスモスを傘下に持つゼッケイグループは、ニセコや富良野で宿泊施設の開発実績がある。

ニセコ開発マップへ


関連キーワード: ニセコ_山田44 ホテル リゾート 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,827)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,535)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,271)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,172)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,080)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。