新総合体育館の概算事業費は70億円 小樽市

2022年11月08日 17時00分

単価上昇踏まえ約10億円増額 延べ床面積は最大1万m²

 小樽市は新総合体育館建設について、延べ床面積を最大約1万m²、概算事業費を税込み70億円と見込んでいる。単価上昇を踏まえ、10億円ほど増額した。水泳用プールは25mを基本とする。7日の第4回新総合体育館整備検討委員会で教育委員会が報告した。

 花園5丁目にある総合体育館はSRC造、地下1地上2階、延べ8513m²の規模で、1974年の建設。老朽化などを受け、隣接する旧緑小跡地への移転新築を計画している。プールを併設し、旧総合体育館は解体して駐車場とする。2022年度は基本構想策定を進めている。

 建設予定地で建築可能な面積は約6500―7500m²。日影規制などのため3階建ては建設できない。

 2階建ての場合、吹き抜け部を除く延べ床は最大約1万m²。内訳は体育館が7100m²、プール室が1500m²、共用部が1600m²とする。メインアリーナとサブアリーナ、プール室は1階に配置する。

 水泳用プールは25mと50mを検討した結果、プール室に50mを設置できる長さが確保できないため、25mの短水路プールを基本にする。

 観覧席は約1000席の確保を目指し、可動観覧席の導入などを検討。気軽に運動ができるようランニングコースの整備を視野に入れる。

 防災機能確保に向けた災害備蓄庫や自家発電装置などの設置、省エネルギー機器や再エネの導入、ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)化についても検討する。

 PPP/PFIの導入など整備手法は、23年度以降に詳細な議論に入る見込みだ。

 概算事業費は体育館・プールの本体建設費のみで算出。設計や既存施設解体、土地造成などの費用は含んでいない。市総合体育館長寿命化計画では約58億円としていたが、建設単価上昇を考慮して増額した。


関連キーワード: スポーツ施設 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,743)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,543)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,496)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,158)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,071)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。