留萌港ブルーカーボン研究始動 留萌市と北電総研

2022年11月11日 08時00分

温暖化対策、水産振興を両立

 留萌市は、海藻を二酸化炭素(CO₂)の吸収源とするブルーカーボンの推進試験を北海道電力(本社・札幌)総合研究所と共同で始めた。9日に市庁舎で説明会を開き、市の展望や同社が開発した藻礁を披露。同社がブルーカーボンに関し自治体と共同研究するのは初で、海藻を利用した地球環境対策の加速に期待が掛かる。

 市の榎昭博農林水産課長、北電総合研究所の辻野二朗環境技術グループリーダーらが出席した。

 市は留萌港内でコンブを養殖すると同時にウニの種苗生産をし、温暖化対策の推進と水産振興の両立を目指している。

 ブルーカーボンの研究を促進しようとする同社と市の意向が合致し、市が海域を提供することで共同研究が始動。期間は10月1日から2024年3月31日まで。

 辻野グループリーダーは、同研究所が開発したバイオマス燃焼灰と発電所からの廃棄物などを成分とする低炭素藻礁、石炭の灰を用いた素焼きの藻礁を紹介。越智建設(本社・苫小牧)が製作した路盤材のフライクリーン、市販のモルタルも藻礁として使い、コンブの成長具合を比較する。

 留萌港南防波堤の内海側に設けたロープに、8日までに5cm角の藻礁を計11個設置。市はコンブの種を付着させたひもをロープに結び、生育状況を研究する。

 同社はコンブの炭素含有量や水質環境、藻礁の働きなどを分析する。藻礁を海底に置き、ロープに付けたコンブとの成長の違い、それぞれの利点や欠点も調査する。市は専門的な技術や知見を得ることで今後の取り組みの発展を見据える。

 市は将来的に、民間企が参入し、ジャパンブルーエコノミー技術研究組合(JBE)が審査・発行するJブルークレジットの認定も視野に入れる。榎課長は「クレジットを活用しブルーカーボン事業の財源確保につながれば」と展望を話した。

 JBEの桑江朝比呂理事長によると「留萌港内は良いモデル海域になり得る。研究を通じて成功事例を積み上げてもらいたい」と期待を寄せている。


関連キーワード: エネルギー 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,520)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,316)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,544)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,106)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,726)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。