豊富な人材が札幌の魅力/カヤック 柳澤大輔CEO

2022年11月10日 18時59分

 ゲーム開発や地方創生を手掛けるカヤック(本社・神奈川県鎌倉市)は、子会社設立を皮切りに札幌での事業展開を強める構えだ。10月下旬に秋元克広札幌市長を表敬訪問した柳澤大輔CEOは、官民連携にも期待を寄せた。札幌の事業やまちづくりへの考えを聞いた。(建設・行政部 高田 陸記者)

 ―7月に札幌で子会社を設立した。

 3DCG制作のカヤックポラリスは東北以北で初のグループ拠点だ。当社はエンターテインメント領域やメタバース、拡張現実(AR)・複合現実(MR)などに注力しているがクリエーター不足の現状がある。札幌は教育機関が多く、人材豊富な点を魅力と考えた。ゲーム制作会社が多いため人材を集めやすい利点もある。
 クリエーターという職種には多様な場所で働きたい人が多い。拠点が沖縄や福岡から北海道まであれば地方勤務を望む従業員の受け皿にもなる。

 ―札幌の人員規模は。

  ポラリスでは既に5人の採用を決めた。これからの3年で30人体制を目指す。今後、札幌から少し離れたところに拠点を増やす可能性もある。
 札幌周辺に限らず、人との縁が生まれれば他地域での事業展開はあり得る。道内企業から声を掛けていただくことが楽しみだ。

 ―札幌市との官民連携の可能性は。

 拠点を置いた以上はまちづくりに貢献するというミッションもある。ポラリスにある程度の人数が集まれば、まちづくりに携わるチームをつくるなど連携を期待できる。

 ―本社のある鎌倉でもまちづくりに取り組む。

 優れた建物を残すため、子会社の鎌倉R不動産がリノベーションなどに取り組んでいる。画一化されて街並みがつまらなくなるのを避ける狙いだ。

 ―道内では高齢化や人口減が進む。まちづくりへの考えは。

 人口が数千人から1万人程度の自治体では、優れた建築家らキーマン1人、2人が移り住んで努力するだけでまちは一気に良くなる。建築の役割は本当に大きい。当社の移住スカウトサービス「SMOUT」でキーマンを募るなど人を呼び込むのは手伝えるところだ。
 小規模自治体では建設業者が(管内で)売り上げ最大という場合が多い。まちづくりでは彼らのコミットメントも非常に重要ではないだろうか。

 柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)1974年、香港生まれ。慶大環境情報学部を卒業後、会社員を経て98年に鎌倉でカヤックを設立。

関連キーワード: インタビュー

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 東宏
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,118)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,090)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,369)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,674)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。