センサー設置で積雪深確認を自動化 旭川市とラック

2022年11月11日 17時00分

夜間除排雪の負担軽減へ

 旭川市とサイバーセキュリティー企業のラック(本社・東京)は、東光地区除雪センターなど市内2カ所に積雪センサーを設置する実証実験に取り組む。除雪出動基準となる積雪深の確認を自動化し、夜間の除排雪業務の負担軽減につなげる考え。河川や急傾斜地にもセンサーを置き、監視作業の効率化を検討している。

 同社はウェブのセキュリティーやシステム開発を中心に手掛けるIT企業。国のデジタル田園都市国家構想やスマートシティー化の流れを踏まえて、地域を災害から守るセキュリティーシステムの事業化へ向けた実証実験を2017年から進めている。

 市では21年度からペーパン川上流のポンペーパン川に河川水位計を設置し、遠隔で水量を確認する検証を開始した。ペーパンダム周辺では崖崩れが起きたことから、斜面2カ所に傾きを検出するセンサーを設置している。

 さらに、東旭川町にある土木事業所内にはレーザー式の積雪センサーを設置し、正確に積雪深度を計測できることを確認。今冬からは東光25条8丁目にある東光地区除雪センターにも積雪センサーを設置する。

 市の除雪出動基準は幹線道路10cm、生活道路15cm以上で、積雪状況は市内に9つある除雪センターが目視で計測している。今冬は一定の積雪に達した場合、センサーが通知する仕組みを試行する予定だ。

 市は今冬から夜間窓口を1カ所に集約して、夜間の人員配置を削減するといった業務効率化も試行する。土木事業所では「夜間業務の負担軽減につながるのでは」と期待する。

 ラックはことし2月にテレワーク・コワーキングスペースを市内に開業し、市との連携を深めている。又江原恭彦新規事業開発部長は「今後は現地でデータを積み上げて将来予測などにもつなげたい」と展望を語っている。


関連キーワード: ICT 上川

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,118)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,090)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,369)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,674)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。