本間純子 いつもの暮らし便

 アリエルプラン・インテリア設計室の本間純子代表によるコラム。

 本間さんは札幌を拠点に活動するインテリアコーディネーターで、カラーユニバーサルデザインに造詣の深い人物。インテリアの域にとどまらず、建物の外装や街並みなど幅広く取り上げます。(北海道建設新聞本紙3面で、毎月第2木曜日に掲載しています)

本間純子 いつもの暮らし便(26)暖炉とマントルピース

2022年11月11日 17時39分

 エリザベス女王最後の公務は、静養中のバルモラル城で、トラス氏を首相に任命することでした。握手する二人の背後には炎が美しい立派な暖炉と、たき口の周囲を装飾するマントルピースが控えていました。同室を広く撮影した画像が、インターネットで公開されています。暖炉を囲む、美しい英国のインテリアに、しばし見入ってしまいました。

 暖炉の原型は床に作られた炉で、イメージとしてはいろりに近く、煙は屋根のルーバーから逃していました。ヨーロッパでは、耐火性の強いれんがや石で外壁を作ったので、炉が外壁側に移動し、さらに煙を導く煙突が付けられ、現在の暖炉の形になりました。

 暖炉は高温の排熱をそのまま煙突から出してしまうため、暖房効率が高くありません。そこで、折り曲げた煙突状の煙道をれんがなどで作り、輻射熱を得る方法が考え出されました。ロシアのペチカ、朝鮮のオンドルなどです。暖まるまでに時間がかかり、温度調節のしにくさはありますが、極寒の地の頼れる暖房装置でした。今ではセントラルヒーティングが普及し、スイッチひとつで暖かな空間を得ることができます。それでも、なぜか私たちは、火が見える暖炉に引きつけられます。

 不規則に揺らぐ炎の色や形、暖かさ、燃える音や爆(は)ぜる音、匂い等々、まきが生み出す火は、なぜか心地よく魅力的です。火は調理、暖房、明かりを賄い、生活に欠かせない道具でした。遠いご先祖様の時代から、ずっと火加減を見続けてきたので、離れがたいものがあるのかもしれません。

 火は扱いを間違えると危険ですが、正しく丁寧に扱うことで、暮らしを支えてくれます。今、日常生活で木を燃やすことは、とても少なくなりました。ソロキャンプやたき火が人気ですが、火を通して、私たちの大切な感覚を、呼び戻そうとしているように思えます。

 暖炉の火だけでなく、装飾するマントルピースにも引きつけられます。石、タイル、木などでデザインされ、特に上部の棚のディスプレーは、家人の趣味やセンスの見せ所です。フォトフレーム、置物、旅の思い出の何か―等々。応接空間に設けられる暖炉とマントルピースは、日本の床の間に相当するといわれていますが、確かに、掛け軸や生花などをしつらえるのに似ています。

 和室そのものが減少傾向にあるので、当然、床の間も同様ですが、マントルピースの人気は健在です。本体デザインもしつらえ方も自由度が高いので、自分らしく飾れる楽しさがあるようです。そこに、本物のまきが燃えているように見える電気式暖炉をセットすると、高層階の集合住宅でも暖炉のある暮らしが実現します。

 火を囲むと食事はおいしく、会話も弾み、気分も上がるのは誰もが感じていること。国のトップ同士が暖炉を挟んで、あいさつを交わす映像を時折目にします。「暖炉に火が入っていたら会談はうまく進むのでは?」と期待してしまうのは私だけでしょうか。暖炉とマントルピースには、コミュニケーションを円滑に進める仕掛けが潜んでいそうです。この技、上手に活用したいものです。


本間純子 いつもの暮らし便 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • オノデラ
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸彦渡辺建設が31日付で清水建設の子会社に
2023年05月12日 (17,083)
上位50社、過去16年で最高額 22年度道内ゼネコ...
2023年05月11日 (8,655)
ラピダスの工場新築で関連企業から多数の問い合わせ
2023年05月25日 (7,237)
砂川に複合型施設オープン シロの福永敬弘社長に聞く
2023年05月22日 (4,979)
熊谷組JV、道新幹線トンネル工事で虚偽報告
2023年05月08日 (4,160)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第31回「特に需要が増える繁忙期」。情勢を把握して適切な宣伝を行うと、新規顧客獲得につながるかもしれません。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第255回「内臓脂肪蓄積」。ポッコリお腹は悪性肥満、生活習慣の改善が必要です。

連載 ごみの錬金術師

ごみの錬金術師
廃ガラス製品を新たな姿に。道総研エネ環地研の稲野さんの研究を紹介。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第32回「確実に伝えたい色」。青と黄色は色覚に左右されにくい「伝える色」です。