石狩管内土木3官庁22年度上半期業者別工事受注実績

2022年11月16日 18時45分

 石狩管内土木3官庁(札幌開建、札幌建管、石狩振興局調整)の2022年度上半期(4―9月)業者別工事受注実績が本紙集計でまとまった。前年度同期比9者減の231者が9%減の868億6191万円を獲得。首位の中山組は27件、77億7948万円を積み上げた。

 開札結果(税抜き)を集計。共同体は出資比率に応じて配分した。21年度末発注のゼロ国債、ゼロ道債、翌債、年度末契約は全額、多年度債は22年度支払い分をそれぞれ計上した。

 発注機関別の受注額は、開建が14.7%減の659億4880万円、建管が21.1%増の183億3682万円、振興局調整が15.8%減の25億7628万円だった。

 地域別では、管内業者が121者で13.1%減の505億603万円を獲得。シェアは2.7ポイント後退の58.1%だった。管外の道内業者は82者で6.1%増の291億9795万円を受注し、シェアを4.8ポイント拡大の33.6%とした。道外業者は28者で27.4%減の71億5792万円、シェアが2.1ポイント減の8.2%だった。

 中山組は第2四半期(7―9月)に開建発注の石狩川改修補償北村遊水地新第8支線用水路移設など5件を追加。2位の宮坂建設工業は第2四半期に受注がなかった。3位の砂子組は開建の石狩川改修北村遊水地豊里西工区周囲堤など3件を加えた。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,118)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,090)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,369)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,674)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。