木製消毒液スタンドに開発賞 下川フォレストファミリー

2022年11月19日 08時00分

木を生かした意匠が評価

 集成材や内装材などを製造する下川フォレストファミリー(本社・下川)が製作した足踏み式消毒液スタンド「樹々 JYU―JYU」が、道経済部主催の2022年度北海道新技術・新製品開発賞デザイン部門で大賞に輝いた。森林認証を受けた町産材を活用したスタンドの珍しさが評価された。同社は住宅需要の減少など苦境の突破口として、スタンドの普及を目指している。(旭川支社・中村 謙太記者)

 FSC認証を受けた町産のトドマツやカラマツなどの針葉樹が原材料。木目が際立つような足踏み式スタンドとして製作した。

針葉樹の美しい木目を生かした
足踏み式消毒液スタンド「樹々 JYU―JYU」

 消毒液を中に入れる扉の取っ手はクマゲラの形に切り抜いた。デザインは木目を生かし、スタンドの正面は町のイメージカラーである緑色に塗り、町面積の9割を占める森林の多様性を表現した。

 スタンド上部には樹木やフクロウをモチーフとしたオプションを取り付けることも可能で、メッセージボードなどに活用することができる。

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、全国で足踏み式スタンドが普及したことに目を付けた。「入室前の消毒が習慣化したが、木製のスタンドはほとんど見られない。潜在的な需要があるのでは」と大岡忠幸社長。町から受け取った交付金も活用しながら製造に励んだ。

 審査では木でスタンドを作った珍しさや木目を生かした意匠が評価されたという。「まさか大賞になるとは思ってもみなかった」と二瓶敏幸常務も喜びを語る。

 同社は集成材のほかフローリングや羽目板などの内装材を主に製造しているが、ウッドショックの影響もあり、近年は住宅需要が徐々に減少。新しい事業分野の確立が課題となっていた。「苦境を乗り越えるきっかけになれば」と大岡社長は意気込む。

盾を持つ大岡社長(左)と賞状を掲げる二瓶常務

 既に町有施設に複数設置しているが、本格的な販売はこれから。まずは製品の魅力を伝え、徐々に関心を持ってもらいたいと考えている。


関連キーワード: 上川 林業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,119)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,092)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,371)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,677)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,520)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。