札幌市、業務量平準化へ市住建て替えを前倒し

2022年11月21日 18時58分

人口減少や財政踏まえ、管理戸数の削減も

 札幌市都市局は、市営住宅の建て替え・改修の将来的な業務量平準化に向けて事業スケジュール検討に着手する。1970年代以降に建てられた市営住宅が2040年代以後、耐用年限の築70年を迎えて一斉に更新が必要となる。建て替えの前倒しなどで平準化を図る考えだ。人口減少や財政状況を踏まえて管理戸数の削減も検討する。

 市によると、40年代から60年代にかけて毎年10―40棟ほどが築70年を迎える見通しだ。ピークは50年の46棟。現在の建て替え規模は年間3―5棟にとどまるため、耐用年限を守りつつ住宅を維持するには平準化が不可欠となる。

 現状を整理するため、築年数などの基本情報を棟ごとにまとめるほか、用途地域やハザードマップでの位置付け、公共交通機関との位置関係なども整理。スケジュールや戸数抑制の検討に生かす。

 建て替えスケジュール検討では、団地の統合も視野に各団地で戸数や棟数の削減規模を3案ほど作成し、全体スケジュールを大まかに整理する。その上で事業量や経費の平準化を図るため、建て替えの前倒しなどを考慮した全体スケジュールを3案ほどシミュレーションする。

 建て替えスケジュール案を踏まえ、給水設備やエレベーターなどの改修スケジュールも作成する。

 借り上げを除き、管理している709棟、2万5857戸の全てを検討対象とする。

 検討業務は29日に開札予定で、履行期間は23年3月20日までとする。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,118)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,090)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,369)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,674)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。