余市町が役場庁舎の整備検討を本格化

2022年11月22日 16時20分

建て替えや大規模改修など

 余市町は、老朽化が進む役場庁舎の再整備に向けた検討を本格化させる。建て替えや大規模改修などの方向性について、2023年度に策定予定の立地適正化計画を踏まえて明確にする。他施設との統合を含め、庁舎の在り方も議論する方針だ。

築50年を超えた役場庁舎。早期の再整備が期待される

 朝日町26の現庁舎は1971年に完成した。RC造、地下1地上3階、延べ3742m²の規模。現耐震基準前の建物のため、95年度にIs値を調査したところ0.57―4.25を測定。構造耐震判定指標のIso値0.54以上を満たしたため、小規模な修繕を図ってきたが耐震補強はしていない。

 完成から50年が経過し、老朽化が著しいため再整備に向けた検討が必要と判断。建物を更新し、将来的には窓口の一本化など自治体DX(デジタル・トランスフォーメーション)による業務効率化を想定している。

 町総務課によると、庁内で話し合いの場を設けてきたが、外部有識者などを招いての協議は未実施。今後、専門の委員会設置を含めて「できるだけ早く方向性の検討に取り掛かりたい」考えだ。

 7月に策定した公共施設の在り方の検討報告書では、他施設との機能統合も話し合う方針を明記。町内には保健福祉施設や産業系施設を中心に、老朽化や利用者減で統廃合を見据える公共施設が点在している。


関連キーワード: 庁舎 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 日本仮設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,119)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,092)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,371)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,677)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,520)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。