草地整備中標津中部第2地区に23年度着工へ

2022年11月24日 16時20分

初弾は起伏修正など2億円

 根室振興局農村振興課は2023年度、道営草地整備中標津中部第2地区に着工する。粗飼料の生産性と営農作業効率化を図る目的で、草地整備や道路整備などを計画。初弾は起伏修正などを予定し、事業費約2億円を投じる見通しだ。

 同地区は中標津町北西部に位置し、広大な土地を利用した大規模草地型酪農が営まれる。しかし農家戸数の減少で、農地面積や飼養頭数の増加、従事者不足が進む。

 また農畜産物輸入自由化などの情勢変化に対応するため、低コストで安定的な生産体制の構築が急務。草地整備、造成を実施し、営農作業効率化や大型経営による労働力不足改善につなげる。

 22年度に新規事業化。計画では、起伏修正などの草地整備595.7haや管理用道路整備737mのほか、草地造成3.3haに取り組む。総事業費は5億4000万円で、受益面積は599ha、受益戸数は36戸となっている。

 ほ場近辺の野草地や林地を牧草地に転換し、面積を広げる。固まった土を破砕し、ケンブリッジローラーで鎮圧して規模を拡大する流れだ。

 22年度は2360万円を充てて調査設計を推進。23年度に着工し、26年度の完了を目指す。


関連キーワード: 根室 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,119)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,092)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,371)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,677)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,520)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。