旧双葉幼稚園建築から1世紀

 帯広市東部の住宅街、赤いドーム屋根が象徴的な旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。約4900人の卒園生を輩出し、2013年の第100回卒園式をもって閉園。17年には、十勝管内の建造物として初めて国の重要文化財(重文)の指定を受けた。現在はコンサートなどイベント会場としての側面を持つ。1世紀にわたる園舎の歩みと次の一世紀に向けた取り組みに迫る。(帯広支社・太田優駿、草野健太郎記者)

旧双葉幼稚園建築から1世紀(上)「次世代へ」守り手懸命

2022年11月28日 10時00分

十勝管内建造物初の重要文化財 支える会員確保が課題

1922年築の赤いドーム屋根が特徴の園舎(NPO法人双葉の露提供)

 「十勝の原に高く立つまあるいお屋根の幼稚園。みんなもまあるく元気よく、神の宮までのびてゆけ」-園歌の一節にも登場する赤い円形のドーム屋根が特徴の園舎。1922年に帯広初の幼稚園として東4条南10丁目1に完成した。W造、2階、延べ267m²の規模で、52年の十勝沖地震を受けて55年に避難口の玄関を増設。施工は本名木材が請け負い、萩原建設工業の前身である萩原組が工事を全面的に任された。

 設計者は2代目園長の臼田梅氏とされるが、誰が図面を書いたかは不明。臼田氏が保母の資格取得のため仙台の青葉女学院に進学した際、保育雑誌で見た幼稚園施設を参考にしたか、影響を受けた教育家フリードリヒ・フレーベルの教材「恩物」をヒントに梅鉢型の園舎を考案したと推測される。

 屋内は開放的な遊戯室が中心で四方へ教室を配置。ドーム型の屋根は和組とトラスなど当時の和と洋の技術を巧みに組み合わせている。17年7月、独創的なデザインと大正期建設の幼稚園という希少さを評価され、国の重文に指定された。

 建物の原形を守りながら長寿命化改修を施してきたが、近年は雨漏りに悩む。何度かコーティングを試したものの効果はなく、バケツを置いて対応している。

 現在は重文の指定に携わった関係者や卒園生が設立したNPO法人双葉の露(佐藤俊光代表理事)が管理運営を担う。園舎の一般開放をはじめ、イベントスペースとしての貸し出しや関連グッズの販売に取り組む。ことしは100周年を記念したコンサートや子ども縁日などを主催。会員からの出資や施設維持協力金によって管理費や修繕費を賄っている。

 園舎に管理人が常駐することは難しく、ボランティアが定期的に通って様子を見守っている。改修費などに充てる収入の仕組みもない。活動を支える個人・企業会員の確保が課題だ。

 国の重文指定を受ける道内建造物は31カ所ある。明治時代の官公庁舎や住居、寺院が多くを占める。幼稚園舎は道内では双葉幼稚園のみで、全国にも4カ所しかなく、史料としての価値は高い。次の一世紀、次の世代に残すため、新たに園舎を愛してくれる人を一人でも増やそうと、守り手は懸命に活動している。


旧双葉幼稚園建築から1世紀 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。