おとなの養生訓

おとなの養生訓 第243回 「感染拡大」 効力低下も要因

2022年11月25日 13時00分

 北海道では、10月中旬から新型コロナウイルスの感染者数は増加を続け、11月中旬に一日の感染者数の最多を記録するに至りました。この感染拡大は、全国に先行した形で現れ、北海道の一日の感染者数が、都道府県の中で一番多いという日が続きました。

 この急激な感染拡大の要因は、いくつか考えられます。一つは、10月から秋が深まり、気温が下がってきたことです。この時期は、もともとかぜなど呼吸器系の感染症が多くなる時期です。10度前後の気温ではウイルスは壊れにくく、感染が広がる要因となるからです。さらに、寒さで部屋を閉め切ることが多くなり、新型コロナに対する有効な対策である換気が不完全となりやすいことも挙げられます。

 そして、ワクチンの効力の低下です。北海道ではかなりの数の人が、3回目のワクチン接種を春ごろに終えました。その後の4回目は、高齢者と基礎疾患を有する人に限られていたので、かなりの数の人が3回目にとどまったまま半年が経過してしまったのです。半年もたつとワクチンで上がった抗体価は、徐々に低下し、ほとんど有効ではなくなっていると推測できるのです。

 こうした状況が重なり、10月に感染拡大が始まってしまいました。そして、まだワクチン接種が十分に進んでいない10代の生徒、学生を中心に感染し、それぞれの家庭で家族に感染が広がるという形で、感染者が急速に増加していったのです。

 この感染拡大は、夏の第7波と同じBA5と呼ばれる変異株によるものです。ですから、第7波の再燃ともいえるのです。しかし、遅れて感染が拡大し始めた東京などで、新たな変異株(XBBとBQ1)が増えているという報告がされました。

 今後、北海道で新たな変異株が広がる危険性があります。そうすると、一段多くの感染拡大となるかもしれません。重症化率は低いままではありますが、感染者数が爆発的に増えれば、医療逼迫(ひっぱく)となることは必定です。

 これまでと変わらず、マスク、手指消毒、そして換気に最大限配慮し、加えて、積極的にワクチン接種を進めなければなりません。特に若い世代へのワクチン接種の督励を親世代の責任としてお願いします。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。