永山東光線改築に23年度は7億円を要望 旭川建管

2022年11月25日 16時56分

逆T式擁壁は135m 歩道や仮道工も推進

 旭川建管は2023年度、旭川市にある3・3・20永山東光線改築の工事費に約7億円を要望している。跨線橋設置と4車線化で交通混雑を緩和する事業。工事3カ年目となる23年度は、逆T式擁壁135mなどを進める予定だ。

3・3・20旭川市永山東光線改築の全体完成予想図

 道道愛別当麻旭川線のうち、旭川環状線との交点から国道39号側へ1040m進んだ地点までが事業区間。都市計画道路3・3・20永山東光線の一部を形成している。

 区間内にあるJR石北本線の踏切では交通混雑が頻発し、特に冬季の渋滞が著しい。安全かつ円滑な交通を実現するため、跨線橋設置と道路拡幅を施す。

 道路部の計画幅員は30m。車道3.25mを4車線、歩道両側5.5m(植樹帯含む)、中央分離帯2m、停車帯両側2mを設ける。擁壁と跨線橋の両側には7.5m(車道3m、路肩2m、歩道2.5m)の側道も整備する。

 15年度に事業化し、21年度から着工した。北側2車線を先行して進めており、擁壁設置を中心に施工。23年度も引き続き北側の逆T式擁壁135mをはじめ、歩道や仮道工を進める計画だ。

 24年度以降のスケジュールとしては、4、5年程度かけて北側2車線の暫定開通を目指す。路盤舗装や跨線橋(橋長32m、全幅27.8m、2径間のPC橋)の施工が中心となる。跨線橋のうち線路敷地内の約17.5mは、JR北海道と協定を締結し施工を委託する。

 暫定開通後は、早期に4車線で供用開始できるよう施工を進める。


関連キーワード: 上川 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 日本仮設
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,119)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,092)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,371)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,677)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,520)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。