外観転写シートで観光に配慮 赤れんが庁舎改修

2022年12月03日 08時00分

12月21日全面完成

転写シートの完成イメージ図(道建設部提供)

 道は、国の重要文化財である赤れんが庁舎改修の一環で、来場者のため、庁舎の外観を印刷した転写シートで周りを覆う。12月21日に全面が完成し、素屋根の解体作業が始まる2024年春ごろまで設置する。

 転写シートは28日から北面、東面、南面の順に施工し、完了は12月21日を予定。各面の上部から作業を行う。上部は庁舎の外観が印刷されていない透明シートを設置するため、外観シートが現れるのは作業が一定程度進んでからとなる。

 工事は現在、雨や風から庁舎を保護するため、建物全体を覆う素屋根(高さ約30m、幅約70m、奥行き約43m)を設置している。庁舎が見れないことから、建物の写真を転写したシートで全体を覆い、道庁に訪れる観光客に配慮する。

 赤れんが庁舎は、れんが造、地下1地上2階、延べ5004m²の規模で1888(明治21)年に完成。1968年の復元工事から50年が経過し老朽化が進んでいるため、耐震化など大規模改修を実施中。実施設計は文化財建造物保存技術協会が担当。工事は竹中工務店、久米設計、岩田地崎建設の3社で構成するコンソーシアムが担う。


関連キーワード: さっぽろ圏 北海道庁 景観 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。