苫小牧市の駅前シンボルビル整備 24年度にも事業者選定

2022年11月30日 16時40分

旧サンプラザビル解体後、設計と工事

 JR苫小牧駅前の周辺整備を計画している苫小牧市は、駅前にある旧サンプラザビルについて、早ければ2024年度にプロポーザルで事業者を選定し、解体に着手する方針だ。その後、駅前シンボルビルなどの基本・実施設計、工事に取り組む。

 11月29日に開かれた駅周辺ビジョン策定検討委員会で、事務局の未来創造戦略室の担当者が考え方を示した。

 市は21年3月に都市再生コンセプトプランを策定。駅前にシンボルビルや公園などを整備するなど、ウォーカルカブルなまちづくりを打ち出している。さらに駅前にエリアを絞って計画を具現化するため、同委員会を設置。ビジョンの策定作業を進めている。

 市が示した配置検討のたたき台によると、ホテルや商業が入るシンボルビルは苫小牧駅南口正面に整備し、南側に向かって高層から低層になるよう配置。このビルの東側にバスターミナルや大型駐車場を設け、さらにその東隣に商業、オフィス、科学センターが入る施設を整備する。

 また、シンボルビルの南側はタクシー乗り場などの交通広場、さらにその南隣に公園や子育て支援施設を整備する配置例を示した。

 22年度にビジョンを策定し、23年度に事業費算定などを含む駅周辺整備の事業計画を作成。その後、早ければ24年度にプロポーザルで事業者を決め、旧サンプラザビルの解体や、その後のビル整備などに取り組みたい考えだ。


関連キーワード: 地域交通 胆振 複合施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • web企画
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。