道内初、自動運転バスの定常運行開始 上士幌町

2022年12月05日 08時00分

交通弱者解消などへ希望の光

バスが自動で出発した

 上士幌町は1日から、道内初となる自動運転バスの定常運行を開始した。実施期間は2023年2月27日までで、自動運転車導入企画のBOLDLY(本社・東京)などが協力。高齢化などでバス運転手が不足する中、自動運転技術で地域公共交通の維持を図る。23年度に運行主任者の運転免許が不要となる自動運転レベル4の実用化を目指す。

 町は交通弱者解消や観光客の移動手段を確保するため、自動運転バス導入の実証実験を17年から4回実施してきた。11月30日に町山村開発センターで導入セレモニーを開き、NAVYA社製の自動運転バス「ARMA(アルマ)」1台を披露。車両は町の特色やゼロカーボンを表現するカラフルなデザインを採用した。

 定員は8人(乗務員除く)、最大時速20kmで運行する。バス停は道の駅かみしほろや病院など12カ所に設け、1周3.5kmとした。12月は木曜と土曜、1、2月は月曜と木曜、土曜、日曜に運行する。運行日以外はルート拡大に向けたマッピング作業を進める。

 BOLDLYの佐治友基CEOは、20年に道の駅かみしほろがオープンするなど町内の行き先が増えていると指摘。「運行ノウハウを実用化に生かしたい」と意気込んだ。

 自動運転バス公式LINEを開設し、運行情報などを定期的に配信。メニューから路線ダイヤと運行状況を確認でき、利用者の声を集められる。

 竹中貢上士幌町長は「吹雪など北海道の厳しい環境で安全に運行できれば、全国に通用する技術が確立できるはず」と期待を寄せた。


関連キーワード: 十勝 地域交通

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。