苫小牧市がウトナイに勇の原公園新設 24年度にも着工

2022年12月07日 16時45分

面積3.9ha 交通公園機能など検討

 苫小牧市はウトナイ地区で勇の原公園新設を計画している。面積は約3.9haを予定。2023年度に実施設計を進め、最短で24年度の着工を見込む。整備には複数年要する見通しだ。

 1990年6月に都市計画決定した地区公園で、ウトナイ北1丁目2に整備する予定。実現すれば市としては十数年ぶりの新規公園整備となる。

 22年度は地元町内会とどのような要素を取り入れた公園とするか協議を進めているほか、地域の意見を踏まえた上で、年度内に基本計画を策定する。

 5日の市議会定例会一般質問で公園整備に関する質疑があり、都市建設部の粟野茂部長はユニバーサルデザインを取り入れたインクルーシブ遊具の設置や、子どもたちが楽しく安全に交通ルールを学べる交通公園の機能を盛り込む方向で検討していることを説明した。

 市は23年度に事前調査と実施設計を進める考え。事業費の一部に再編関連訓練移転等交付金の活用を予定し、23年度分の交付金として2100万円を見込んでいる。


関連キーワード: 公園 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。