伊達市が熱エネ施設を24年度新設

2022年12月09日 16時20分

農業生産法人に温泉供給

 伊達市は2023年度、館山下町に新設する熱エネルギー供給施設の実施設計を予定している。同地区への誘致を目指す農業生産法人に、温泉を供給するための蓄熱槽や配管を整備する。施設規模は22年度末までを業務期間とする概略設計で固めるが、温泉水の加温に木質ペレットなどの再生可能エネルギー導入を検討する。24年度の施工、25年度の供用開始が目標だ。

温泉熱を農業に利用するため、来週から掘削を開始する

 来週の開始を予定する館山下町69の1での温泉井掘削に合わせ、6日に概略設計となる熱エネルギー供給施設検討業務を入札。八千代エンジニヤリングが1回目、税抜き1280万円で落札した。

 掘削工事は10月25日に入札し、アーストラストエンジニアリング(本社・札幌)が1回目、税抜き1億3600万円で落札。道道南黄金長和線に面する掘削場所にはやぐらが組まれ、準備が進んでいる。

 掘削により年度内に温泉の温度や湧出量が判明することから、市は温泉熱利用に必要な蓄熱槽、配管、補助的に加温するための施設を新設する計画だ。温泉水の加温には木質ペレットやヒートポンプなどの活用を想定している。

 事業では温泉熱を利用して通年栽培が可能な環境を整え、誘致を予定する法人の農業団地整備などにつなげる。10月に掘削場所となる民有地5649m²を取得した。


関連キーワード: エネルギー 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,816)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,117)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,451)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,365)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,130)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。