感動届ける施設に 日ハム新球場エスコンフィールドが完成

2023年01月10日 08時00分

現地で竣工式 3月に北海道ボールパークFビレッジ開業

思いが詰まった新球場の竣工を喜んだ

 北海道日本ハムファイターズの新球場エスコンフィールドHOKKAIDOが5日、完成した。ファイターズスポーツ&エンターテイメント(本社・北広島)は現地で竣工式を開き、川村浩二社長は「最高の施設ができた。魂を込めて新しいエンターテインメントを創造する。おもてなしやファンサービスを加えて感動を届け、世界がまだ見ぬボールパークをつくりたい」と述べた。

 建設地は北広島市Fビレッジ1で、3月にエスコンフィールドHOKKAIDOを含む北海道ボールパークFビレッジが開業する。

 2020年4月13日にエスコンフィールドHOKKAIDOの起工式を開催。設計・監理は大林組と米国で実績のあるHKSが担い、大林組・岩田地崎建設共同体が施工した。規模はRC・S造、地下2地上6階、延べ12万m²。国内初の開閉式屋根でグラウンドには天然芝を採用した。サウナや温泉などを楽しみながらの野球観戦もできる。

 約300人が式に出席。川村社長や北広島市の上野正三市長、北海道日本ハムファイターズの吉村浩取締役チーム統括本部長、大林組の矢野基札幌支店長らが玉串をささげた。

 川村社長は「道民に夢と誇りと愛着を感じてもらう空間、北海道のシンボルをつくっていく所存」と覚悟を示し、上野市長は「夢と希望を与えてくれる施設。魅力をふんだんに味わってもらえるよう連携したい」と述べた。矢野支店長は関係者に感謝を伝え「日本のスポーツ観戦、スポーツビジネスを変えると確信している」と話した。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (2,967)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,347)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,313)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,221)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (814)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。