日本社労士法人が江別進出 2月にサテライトオフィス開設

2023年01月17日 08時00分

市の設置推進補助金を活用

 江別市のサテライトオフィス設置推進補助金を活用し、日本社会保険労務士法人(東京都豊島区南大塚3丁目32の1、淡路友幸代表社員)がサテライトオフィスを2月に開設する。同補助金を活用した初の進出。補助を通し、今後も新型コロナウイルス感染症で働き方が変化した企業を支援する考えだ。

 日本社会保険労務士法人は中小企業の給与計算業務などを展開。都内のオフィスが手狭なほか、増加する業務への対応と人材確保を目的に江別市への進出を決めた。

 野幌町10の1のイオンタウン江別の2階に、日本社会保険労務士法人IT業務センターとして開設する。面積は350m²。従業員数は5―10人でスタートし、市民を中心に増員して9月に20人、2024年9月には60人程度を目指す。

 補助は、市内に本社や事業所がない企業が自社専用のサテライトオフィスを開設する際、施設や通信の環境整備、賃借料などを最大500万円助成する。

 今回で予算を満額措置した。市の担当者は交通アクセスや子育て環境を市の魅力に挙げ、「(補助に)継続して取り組みたい」と話している。


関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。