川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧路

2023年01月17日 16時45分

旧川湯グランドホテル・旧御園ホテル 23年度にそれぞれ発注

弟子屈町が所有する旧川湯グランドホテル(右)と環境省の旧御園ホテル

 阿寒摩周国立公園満喫プロジェクトを進めている弟子屈町と環境省釧路自然環境事務所は、弟子屈町川湯温泉地区で所有する旧ホテルの解体を2023年度にそれぞれ発注する。町が所有する旧川湯グランドホテルの解体費は6億―7億円を見込み、6月以降の指名競争入札を予定。環境省が所有する旧御園ホテルは6月までに発注する見通しだ。

 同プロジェクトでは、阿寒摩周国立公園の上質な自然を生かす体験を提供し、ナショナルパークとしてブランド化を推進。景観向上のため、廃業や休業した宿泊施設の撤去を進めている。

 川湯温泉3丁目1の15にある旧川湯グランドホテルは、全6棟で延べ約1万m²の規模。敷地面積は4931m²となっている。22年度の解体着手を目指して調査・設計を進めていたが、アスベスト含有などの課題が発覚し、23年度にずれ込んだ。工期は2、3年を見込む。

 環境省が解体するのは、川湯温泉3丁目1の20にある旧御園ホテル。規模は1号館がRC一部S造、5階塔屋1階、延べ2505m²、2号館がRC造、地下1地上5階塔屋1階、延べ3761m²、3号館がS造、地下1地上5階、延べ2983m²、宿舎がW造、2階、延べ195m²となっている。敷地面積は5389m²で、道道屈斜路摩周湖畔線に面する。6月までに発注し、23年度の完了を予定する。


関連キーワード: ホテル 解体

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (2,966)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,347)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,313)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,221)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (812)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。