大樹町の企業版ふるさと納税活用 大臣表彰に選出

2023年01月24日 08時00分

航空宇宙関連ビジネス支援で産官学連携、人口減少歯止め

 内閣府の2022年度地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)が対象の大臣表彰に、北海道スペースポート(HOSPO)を整備・運営する大樹町が選ばれた。道内市町村の受賞は初となる。ロケット射場と滑走路の延伸や航空宇宙関連のビジネス支援に制度を活用。産官学との連携や町の人口社会減少に歯止めがかかった点が評価された。

 表彰は18年度に創設。企業版ふるさと納税を使った地方創生に取り組む自治体と企業の優れた功績を内閣府特命担当大臣(地方創生)がたたえる。

 大樹町はアジア初の商業宇宙港となる射場と滑走路整備などの財源として20年4月に募集開始。十勝管内の建設業者を中心に、道内外114社から9億2000万円(22年10月時点)の寄付を受けた。21年度の寄付は80件で全国2位、金額は7億2800万円で全国6位となった。

 表彰式は2月9日に東京で開催予定。酒森正人町長は「北海道に宇宙版シリコンバレーを形成する目標に向け、まだ多くの応援が必要。引き続き取り組んでいく」と意欲を示した。

 企業版ふるさと納税は16年度に開始。企業が自治体の地方創生事業に寄付すると、法人関連税を最大9割軽減できる。21年度は全国で3098社から225億7000万円を集めた。(帯広)


関連キーワード: 十勝 宇宙

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 東宏
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,816)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,117)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,451)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,365)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,130)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。