小樽定山渓線眺堤橋を24年度にも補強 総事業費2億円

2023年01月23日 16時40分

小樽建管

 小樽建管は、小樽定山渓線眺堤橋の耐震補強・長寿命化修繕を計画している。2023年度に設計を進め、24年度の施工を予定。移動制限装置を設置するほか、断面欠損箇所などの補修に取り組む方針だ。総事業費は2億円を見込んでいる。

移動制限装置の設置などを施す眺堤橋

 小樽市朝里川温泉2丁目で朝里川をまたぐ。橋長92・9m、全幅11・5mで1986年度に架設した。構造は上部が3径間鋼製非合成I桁、下部が逆T式橋台と柱式橋脚それぞれ2基。基礎はP2橋脚のみ杭基礎で、それ以外は直接基礎となっている。

 小樽定山渓線は第2次緊急輸送道路に指定されていて、災害時の救急、復旧支援活動に支障が出ないよう耐震補強を図る。移動制限装置を設け、橋脚の巻き立ても施す。

 このほか、床版と地覆に断面欠損や鉄筋露出が見られることから部分補修をする。

 設計は5月に指名競争入札し、23年度末まで進める予定。委託費は概算で2000万円としている。


関連キーワード: 後志 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 東宏
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,816)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,117)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,451)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,365)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,130)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。